愛人はセフレではありません

不倫をする目的はセックスをするためだという人も多いかもしれませんが、不倫相手はセフレではありません。
じゃあ何だ?といえば運命共同体なのです。

mu0aaPnNn6zqb6運命という言葉を使うと大げさだと思われてしまうかもしれませんが、不倫をしているという事が家族にバレてしまったらどうなるでしょう?
妻は激昂し、子供を連れて実家に帰り離婚の話し合いが進むかもしれません。
そして離婚になれば不倫をしたあなた側に離婚の原因があるのですから慰謝料や養育費を払う必要があります。
つまり家族を失い、そして多くのお金も失ってしまうのです。
最近は離婚をする夫婦も多いですから離婚したからといって人間性に問題があると会社での立場が悪くなる事はないでしょうが、不倫が原因で離婚させられたなんて噂が回るとあなたの評判は下がってしまうますよね。

不倫がバレるとリスクが非常に大きいわけで、秘密を共有しなければいけない不倫相手はまさに運命共同体なのです。
ですからセックスするだけの相手だから身体の相性だけよければ性格なんて問題ないと相手を選んでしまうと大変な事になってしまうのです。

ちゃんと相手がどうゆう人なのか把握してから不倫をしましょう。
そのために不倫サイトではちゃんと日記やチャットなどの機能が備わっていてお互いを理解するための時間を設けるツールがあります。
独身者がセフレを探すのと既婚者が不倫相手を探すのとでは相手選びの基準は違っていて当たり前なのです。

嘘を言うときは辻褄合わせて

tLIojPVOtog0KR不倫をするとどうしても嘘をつかないといけない瞬間が出てきます。
自分は正直者で嘘が苦手でなんて言っている場合ではありません。
嘘をつけないと不倫がバレてしまうわけで、不倫がバレれば家庭は壊れてしまうかもしれません。
上手に嘘がつけないのなら不倫をする資格がないと言っても過言ではないのです。

そして自分では平然と嘘をついているつもりでも嘘をつかれた相手にはバレバレという嘘もあります。
例えば残業で帰りが遅くなると夕飯の準備を断ったとしましょう。
そして遅く帰宅してきてスーツから焼肉の匂いがした。
普通に部下と焼き肉を食べに行ったのなら最初からそうゆうはずですよね。
そして女性と焼き肉を食べに行くのなら、2人で焼き肉を食べにいくほど親しい仲だと言っているようなものです。

匂いに関しては煙草や香水の匂いも移りやすい香りです。
一緒にいる時間が長いと自分自身はその香りに麻痺してしまい、1人になった時にもその香りがするとは気づきにくいものですが、他人からすれば一目瞭然なのです。
煙草の香りぐらいなら禁煙席が開いてなくて喫煙席で隣の人が吸っていて参った・・・・なんて嘘が通用しますが、香水の移り香はよほど近づかないと移らないものです。
嘘を見破られるとその嘘をごまかすためにさらに嘘をいい、矛盾が生じてしまいますから嘘をつくときは辻褄合わせて上手に嘘をつけるように訓練して下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ